湘南美容外科が施術のやり方が分かると、美容整形を受けやすくなる。

施術方法

女の人

脂肪吸引と豊胸

多くの美容外科で使われているのが止血剤と麻酔薬を体内に流し込んで脂肪吸引を行なうやり方です。輸血が不要で、脂肪吸引すべてのベースになっています。ベイザーの脂肪吸引は術中の負担を軽減でしながら脂肪が取り除くことができ、腕や足、お尻、お腹をピンポイントで治療します。手軽な方法で脂肪を溶かすなら脂肪溶解注射が良いでしょう。こちらは顔についた脂肪にも使え、全体を小さくできます。腫れが少ないのでダウンタイム期間が短くなります。時間をかけて脂肪を溶かすので従来の脂肪吸引よりも自然に、そして安全に痩せることができます。余った脂肪を胸に注入すると胸のサイズをワンランクアップできるでしょう。脂肪で作られたバストは、異物感がなく触っても豊胸したと分かりません。それぐらい自然な仕上がりが期待できます。

リフトアップ

湘南美容外科でも人気がある若返り術ですが、手軽なのはヒアルロン酸を使った施術でしょう。目の下のたるみが注入後一瞬で消え、肌にハリとツヤを与えることができます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在するものなので吸収されても害はありません。効果が目でわかり、副作用がほとんどないことから湘南美容外科の看板治療となっています。他の方法だと糸とメスを使うリフトアップ施術でしょうか。こめかみや額、頬、アゴ、首のしわに効くもので皮膚を剥離した後切除して縫縮する簡単な方法もあれば糸を使って皮膚を引っ張り、しわをなくすやり方もあります。いずれもメスで切り込みを入れますが、目立たない箇所なのでバレる心配はありません。ほうれい線もなくなり、10歳若くなるでしょう。

鼻と目

顔を見た時一番目に付くのは鼻と目です。顔の中心にある鼻を小さく、スッと高くするならプロテーゼや小鼻を小さくする施術、プチ整形で済ませるなら注射を使ってコンプレックスを改善できます。目は糸とメスどちらでも理想の線を作ることができますが、始めのうちは糸で試すのもありでしょう。生まれつき腫れぼったい目元は、4点留めでくっきりとした線を作ります。糸を緩く締めると目への負担を軽減できます。

なりたい顔写真を持参しよう

なりたい顔の写真を持参すると、担当医師が理想に近づけてくれますよ。細かく要望すると、それに応えられるよう懸命に頑張ってくれます。施術に失敗しないためにも、写真の持参を忘れないでくださいね。

広告募集中